ひろゆき著書のオススメ本ランキング5選!ビジネスマンに読んでほしいTOP5

ひろゆきおすすめ本TOP5 オススメ書籍紹介
ひろゆきのおすすめ本
記事内に広告が含まれています。

本記事では私と同じようなビジネスマン向けにひろゆきさん著書のオススメ書籍TOP5をご紹介します。

Youtubeの配信や切り抜きで語られている内容が凝縮されているので、これら書籍なら皆様のお悩みも吹き飛ばしてくれるでしょう。

また、「ひろゆき」という立場だからこそ書くことができた内容などがたくさんあります。必ず今までになかった新たな視点をあなたは獲得できます。

【PR】ひろゆきひろゆきおすすめ本ランキングTOP5

第5位:無敵の独学術

ひろゆき氏の著書『無敵の独学術』は、独学を通じて知識やスキルを効果的に習得するために必要なマインドセットについて掘り下げた一冊です。

この本は、私たちが独学を実践する際に持つべき心構えについて詳細に語っています。

独学を成功させるために最低限必要な要素や、これまで学びがうまくいかなかった人々に向けて、どのように進めていけばいいかについても明確に示されています。

読者はそのアドバイスを実践することで、無敵の独学者としての道を歩むことができるでしょう。

個人的にはマネをするという章を最初に読んだ方が良いと思います。

第4位:働き方完全無双

ひろゆき氏の著書『働き方完全無双』は、働き方の理想的な状態を解説した貴重な一冊です。

この本で著者ひろゆきさんが提唱する「無双状態」とは、「スキル✕理論✕経営者視点✕環境」という四つの要素を組み合わせることで実現できる理想的な働き方の状態を指します。

とくに面白かったのが「ワンチャンを狙う姿勢」と表現し、チャンスを見極め、積極的に利用する姿勢が馬車馬のようにひたすら働くだけでなく新たな視点を手に入れるポイントになるのだと学びました。

個人の幸福と仕事の関連性にも焦点を当て、幸せを求めながら働く方法についても触れられています。ひろゆきさんの独自の視点と実践的なアドバイスは、令和の働き方に悩む多くの人々にとって価値あるものです。

第3位:叩かれるから今まで黙っておいた世の中の真実

ひろゆき氏の著書『叩かれるから今まで黙っておいた世の中の真実』は、社会、仕事、教育、政治、人間関係といった幅広いテーマにわたり、その中で真実に基づく情報を鮮明に提示しています。時折、これらの真実に触れることが不快に感じられる瞬間もあるかもしれません。

しかし、この著書は、そうした「不都合な真実」から逃げずに向き合うことの重要性を強調しています。なぜなら、真実に向き合うことが日本人として必要なことだからです。

ひろゆきさんは、私たち日本人がしばしば見逃し、あるいは意識的に無視してしまう「今の日本の不都合な真実」に、忖度せずに言及しています。

この本を読むことで、私たちは目を背けがちな現実に向き合い、その課題に対してどのように個人として取り組むべきかを考える良い機会を提供しています。

ひろゆき氏の率直な視点と深い洞察が、あなたに新たな視点を提供し、個人としてどのように生きていくか良いきっかけになると私も思っています。

第2位:1%の努力 

ひろゆき氏の著書「1%の努力」は、彼自身のエピソードを元に、一歩引いて頑張るポイントを見つけるための「努力しないための努力」、つまり1%の努力に焦点を当てた内容です。

本書は印象的な7つのエピソードを通して、時系列で展開されています。

ひろゆき氏は自身の経験を通じて、無駄な努力を最小限に抑えつつ、幸せに生きる方法を示唆しています。

このアプローチは、個人としての幸福を追求する際に非常に有益な考え方と言えるでしょう。

つまり、本書は私たちにより充実した人生を築くためのヒントを提供してくれます。一歩引いて見つめ直すことで、本当に大切なことに焦点を当て個人の幸福を追求する手助けになることでしょう。

私はこの中でもエッグスタンドの話が大好きです。是非読んでみてください。

第1位:99%はバイアス

この本は、ひろゆき氏によって描かれた「99%はバイアス」という著書をレビューする予定です。この書籍では、影響力の秘密について詳しく解説されています。

ひろゆき氏は、私たちが普段から直面する「同調圧力」「承認欲求」「有閑階級」などのテーマから、世の中に存在するバイアスから解放される方法や、それをどのように利用するかについて具体的な方法を提供しています。

ひろゆき氏は自身の経験を通じて、等身大の自分で人生を最大限に楽しむために必要なマインドセットや実践方法について私たちに教えてくれます。

この本を通じて、私たちはひろゆき氏の知恵から多くのことを学ぶことができます。彼の洞察力と経験を通じて、バイアスに振り回されず、より充実した人生を追求する方法についての示唆に富んだ情報が提供されています。

私は中でも同調圧力についての話は皆様に読んでほしいです。

私たちは自分らしい人生を生きるために、同調圧力に振り回されずに進む方法を見つける必要があるので村社会の日本人である皆様にこそ学ぶべき章だと強く感じています。

【PR】ひろゆきさんの本を読んだ方にお勧めしたい本

ひろゆきさんの本をある程度読んだ人には下記書籍をオススメさせてください。

自分の人生でもっと成功したいという方は「非常識な成功法則」

ひろゆきさんの本を読んでもっと成功したい成功する方法を知りたいという方はこの本を読むしかありません。「非常識な成功法則」は成功へのアプローチの切り札となります。

ひろゆき的な画期的な洞察と視点を手にしたい方は「20歳の時に知っておきたかったこと」

本書は今までになかったような考えやアイデアを想像していく方法などが紹介されているためとてもおススメです。ひろゆきさんの書籍同様に素晴らしい示唆を与えてくれます。

20歳の時に知っておきたかったこと 新版

PR:番外編 ひろゆきさんがオススメしているビジネス書籍

ひろゆきさんの定番おすすめ本「銃・病原菌・鉄」

ひろゆきさんが15年ぶりぐらいにお勧めできる本「コンテナ物語」

基本的に本でおすすめを聞かれた場合「銃・病原菌・鉄」と答えるひろゆきさんが15年ぶりにオススメしたい本です。

コンテナ物語 世界を変えたのは「箱」の発明だった。コンテナが起こした世界での革新を周辺の歴史から学ぶことができます。

発明というと、電気とかインターネットとかのような「科学者による大発明」ばかりが目立ちますが、「ただの大きな箱ですら世界を変える」というところに意外性があるのを教えてくれるんですよね。

ひろゆきの「人生を変えた本・ベスト3」とは? | 1%の努力 | ダイヤモンド・オンライン (diamond.jp)

最後に

ひろゆきさんの書籍の素晴らしい点は客観的な視点で私たちは建前抜きにどう生きるかを示唆してくれるところだと私は考えています。

言っちゃいけないようなことを教えてくれるひろゆきさんだからこそ新たな学びが書籍には隠れています。

1冊でも手に取り読んでみてください。必ず何か明日の力になる言葉が見つかると思います。
また、方に入りすぎている力を抜いてくれるでしょう。

ひろゆきさんについて 

本名:西村博之
1976年、神奈川県生まれ。東京都に移り、中央大学へと進学。在学中に、アメリカ・アーカンソー州に留学。1999年、インターネットの匿名掲示板「2ちゃんねる」を開設し、管理人になる。2005年、株式会社ニワンゴの取締役管理人に就任し、「ニコニコ動画」を開始。2009年に「2ちゃんねる」の譲渡を発表。2015年、英語圏最大の匿名掲示板「4chan」の管理人に。2019年、「ペンギン村」をリリース。

1%の努力 | ひろゆき |本 | 通販 | Amazon

ひろゆきさんは、「2ちゃんねる・ニコニコ動画」で有名になり、今は英語圏最大の匿名掲示板「4chan」の管理人をしつつ、パリで余生のような暮らしを送っています。

東出昌大さんとのアフリカ横断旅行がとても面白かったのでお勧めです!

あわせて読みたい!

タイトルとURLをコピーしました